チコリー2018-10-01T19:15:47+00:00

Warning: Missing argument 3 for avada_change_builder_default_args(), called in /home/fairdew0/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/fairdew0/public_html/wp-content/themes/Avada/includes/fusion-shared-options.php on line 118

バッチフラワーエッセンスのチコリー/Chicory

こんな人に

  • 独占欲が激しい。
  • 極度の自己中心。
  • 他の人、特に家族を操ろうとする。

こんな場合にも

  • 理屈っぽく、人を欺いたり、操ろうとする。
  • 孤独で低い自尊心。

フラワーレメディの目標

  • 見返りを期待せず、自然に他人を愛せるようになる。
仮面をかぶった女性は、心配や悩みを明るさで隠します
チコリーのもたらす気づき

チコリーは、自己中心的で独占欲が強く、愛する人を操ろうとしたり、自分の価値観に他の人が合わせるのが当然だと思いがちな人に向いてます。

年老いた親が自分の弱さを利用して、子供の結婚を妨げ、家に留まるように仕向けたりするのはその例です。

子供はそんな親のために自分の人生を棒にふることになります。

キャリアや結婚を諦めて、そんな親と同居し、自分の人生の目的を果たさずじまいになる子供も居ます。

チコリーの傾向は、自分の友人や親族の注意や同情をひきたいがために、仮病を使うことすらあります。

批判的で、他人に干渉し、がみがみ小言を言う傾向があります。

チコリータイプの人には、年齢も性別も関係なく、傾向として現れます。

例えば、学校に初めて登校する6歳の子供へ、親が「子供が側にいない寂しい未来なんて耐えられない。子供が一日中側に居てくれたら良いのに。」という気持ちが先に立ち、そんなことを言われたら、せっかく楽しみにしている子供がどんな気持ちになるのかという思いやりは二の次になってしまうのです。

これは自分本意な愛情の一例です。

自分のやり方を通すためなら、何でもするのです。

チコリータイプの人は、配偶者や子供、友人のために、どんなに自分を犠牲にしているかを語っては、他の人がいかに身勝手で、いかに自分が無欲かを見せたがります。

自分から外へ向けられる自然な愛情は閉ざされ、常に自分中心に向けられています。

自尊心が低く、孤独で、かつ一人になるのを恐れています。

チコリーのレメディは、わがままを抑え、愛情の流れを解放し、他人に向けて愛情が流れる方向に変換します。

自分ことはさておいて、他の人に注意を向けていくことで、感謝や愛情がキャッチボールとなり受け取れるのです。

人を操ろうとする出口のない関係は、壊れやすいのです。自分を中心にするのではなく、自分が充実していくことで自分に自信を持てるようになり、健康的な交流関係を築けるようになるのです。

Chicory

Shop Now