ウィロー2018-10-01T19:34:36+00:00

Warning: Missing argument 3 for avada_change_builder_default_args(), called in /home/fairdew0/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/fairdew0/public_html/wp-content/themes/Avada/includes/fusion-shared-options.php on line 118

バッチフラワーエッセンスのウィロー /Willow

こんな人に

  • 恨み、憤り、自己憐憫、恩知らず。

こんな場合にも

  • 他人やあらゆることにネガティブな考えや感情を抱く。

フラワーレメディの目標

  • ポジティブで公正なアプローチができるようにする。
  • 自己憐憫の重いベールを剥ぎ取り、周囲にまつわるネガティブな要素を消し去る。
仮面をかぶった女性は、心配や悩みを明るさで隠します
ウィローのもたらす気づき

ウィローは恨みと自己憐憫(自分を可哀想だと哀れむこと)に働きかけるレメディです。

ウィローの感情に苦しむ人にとって、他人はみな幸せで健康、経済的にも豊かなのに、自分には悪いことだけが起こると感じ、なぜ自分にばかりと理解に苦しみます。

そして、物事がうまくいかないと、自分には何にも責任がなく、悪いのはすべて他人だと考えます。

愚痴を言って嘆いてばかりなので、いっしょに居て決して楽しい人ではありません。

他人に悲観的な意見をばら撒いて、周囲を暗くするのがむしろ楽しいのです。

”感情のブラックホール”として、エンドレスに人からの同情と助けを求めて、エネルギーを吸い取っていき、相手や他人に対して感謝の気持ちは微塵も沸かず、共感することもありません。

なぜなら、自分には皆から助けてもらう権利がある、助けてもらって当然だと信じきっているからです。

このような感情が常に働いている人は、孤独な傾向で、恨みがましい傾向です。

その原因はとりもなおさず、自分にあるということにまったく気付かないのです。

厳密には、こうした感情が性格の一部として固定されなくても、人は誰もが一時的な感情として、自己憐憫と恨みに囚われ、挙句は他人に怒りをぶつけるちうような被害者意識に陥ることがあります。

ウィローのフラワーエッセンスは、物事を楽観視する感覚を蘇らせ、他人の良い面を見られるように、心の波を整えます。

お金のあるなしよりも、人生はもっと価値あるものであることに気付き、愛は恨んだりネガティブな囚われよりも偉大であることを理解できるように気付かせてくれます。

Willow

Shop Now